セミナー内容

パターンを学ぶ

LABプロファイルを使えるようになるには、まずはパターンを知ることが重要です。
各パターンをもつ人がどんな行動をとり、どんな言葉をつかうのかを具体的な描写とともに説明しますので、学んでいるうちに、身の回りの人でどの人がどんなパターンを行動として示しているのかが分かります。パターンは37種類と多いですが、ワークを重ねながら学んでいくので受講中に全てのパターンを自然に覚えられます。各パターンの特性を知ることで、どのようなときにモチベーションがあがり維持できるのか、またどのようなときにパフォーマンスに影響がでるのかを理解できます。

見分け方を学ぶ

パターンを覚えたら、それぞれのパターンを見分ける方法を学びます。
身の回りの人は普段の行動をよく見ているのでパターンを自然に見分けられますが、初対面の人やよく知っている人でも自分の知らない場面での振る舞いについては特定の質問に対する答え方をみてパターンを見極めます。

プロファイリングを学ぶ

LABプロファイルには、プロファイリングを行うためのワークシートが用意されています。ワークシートには各カテゴリーのパターンと見分けるための質問が書いてあります。ワークシートに沿ってインタビューを行うことでプロファイリングができるようになります。

影響言語の使い方を学ぶ

プロファイリングした相手にフィードバックするときから影響言語を使って説明していくことが重要になります。
いったんLABプロファイルを学んでしまうと行動特性をパターン名で覚えてしまいますが、LABプロファイルを学んでいない人にパターン名で説明しても理解してもらえないので、相手が得意とする行動を影響言語を含んだ描写で表現して伝える方法を練習していきます。

さらに詳しい内容は、各コースの案内を御覧ください。

LABプロファイル プラクティショナー認定コース 詳しくはこちら
LABプロファイル マスタープラクティショナー認定コース 詳しくはこちら